略斎食儀(りゃくさいじきぎ)

食前観(しょくぜんかん)

われ(いま)(さいわ)いに、仏祖(ぶっそ)加護(かご)衆生(しゅじょう)恩恵(おんけい)によってこの(きよ)(しょく)()く。
つつしんで(しょく)来由(らいゆ)をたずねて(あじ)濃淡(のうたん)()わず、その功徳(くどく)(ねん)じて(しな)多少(たしょう)(えら)ばじ。
「いただきます」



食後観(しょくごかん)
われ(いま)この(きよ)(しょく)(おわ)わりて、(こころ)(ゆた)かに(ちから)()()つ。
(ねが)わくはこの心身(しんしん)(ささ)げて(おの)(わざ)にいそしみ、(ちか)って四恩(しおん)(むく)(たてまつ)らん。
「ごちそうさまでした」