読み聞かせ


2016年度

6月30日・7月1日
7月8日
10月19日
2組ごはんのとも
4組:ゆうれいとなきむし

10月24日
11月2日
11月9日
12月5日
12月19日




2015年度

2016.3.3
3まいのおふだ 2016.2.24
2015.12.14
ちょんまげ でんしゃの のって ちょんまげ
かみなり どんが やってきた
クレヨンからの おねがい!
100かいだての いえ
おへそ かえして
2015.7.8




2014年度

・めいさくしかけ 3話入り
さんびきのこぶた
おおかみと7ひきのこやぎ
おおきなかぶ
2014.12.10
・くいしんぼ なめれおん 2014.12.3
・にんじんケーキをめしあがれ
・ちゅうしゃなんかこわくない
・大きなかぶ
 おーいクレヨンくん
 てんてんてん
2014.11.19
・すいかのたね
・うみの100かいだんのいえ
・おひさまパン
・たこやき ようちえん
2014.7.4



2013年度

・10ぴきの かえるの ふゆごもり
・ふたりで はんぶん
2013.12.16
・こんやは おつきみ
・ゆかいな クレヨンぐみ
2013.12.11
・おばけのひゅーどろ
・マシュマロのおいしいたべかた
2013.12.2
・ぞうのびっくりパンやさん
2013.11.27
・おばけのてんぷら
・いろいろ おふろはいり隊
2013.11.18
・バムとケロのおかいもの
・いろいろ おふろはいり隊
2013.11.13
・はじめてのおつかい(大型絵本)
2013.11.11
・ともだちや(大型絵本)
・じゃんけんぽん(大型絵本)
・ゴリラのパンやさん
2013.11.6
・おともだちカレー
・ぶりっぺとすかっぺ
・カッパのいちにち
2013.11.1
・きょだいなきょだいな
・ラーメンちゃん
2013.10.30
・ゆうちゃんのみきさーしゃ
・ぼくなにをたべてたかわかる?
2013.10.17
2013年度の図書貸し出しが始まりました 2013.10.17


・図書整理
・図書の整理が終わりました
・図書の貸し出しが始まりました
2012年度
・さるのせんせいと
  へびのかんごふさん
2012.12.6
・ミニカーミュート だいかつやく!
・まいごになったぞう
2012.12.3
・きんぎょがにげた
・にじをつくったのだあれ
・にじいろのしまうま
2012.7.11
・つみきのいえ
・やさいのおなか
・6つの色
・おたんじょうびって なあに
2012.1.18
・サンタクロースもパンツがだいすき
・まどからおくりもの
・てんしさまがおりてくる
2011.12.7
・ぐりとぐらとすみれちゃん
・ペネロペ(ひとりでふくをきる)
2011.10.27
読み聞かせ(2010/1/25)
読み聞かせ(2010/2/22)
読み聞かせ(2010/11/22)
読み聞かせ(2010/12/20)
読み聞かせ(2011/2/21)
読み聞かせ(2011/3/1)
読み聞かせ(2011/3/7)
読み聞かせ(2011/6/29)









2016.12.19

今日(12/19)は、2学期最後の読み聞かせと、絵本の返却がありました。

一人一人が返却する絵本をバーコードで読み込んでもらいます。
「お願いします。」
「ありがとうございました。」
みんなしっかり言えたかな。

全員の返却が終わると、みんなで整列して、
「ありがとうございました。」
大きな声でご挨拶ができました。

読み聞かせは、1組、3組、まーや組でお願いしました。

1組
ぼくはあるいた まっすぐ まっすぐ
3組
ドアをあけたら
まーや組
ちょんまげ でんしゃの のってちょんまげ

先週の12月14日(水)にも、読み聞かせをお願いしました。
こちらは、クラスと絵本の題名だけ紹介します。

2組 ぐりとぐらのおきゃくさま
4組 たろうのおでかけ
まーや組 ことりの かくれんぼ

ありがとうございました。






2016.12.5
今日は、1組と3組とまーや組のみんなが保護者の方に本を読んでいただきました。

1組
ゆきがやんだら
3組
ぼくはあるいた まっすぐ まっすぐ
まーや組
アンパンマンと ドキンちゃん
ありがとうございました。

今日お越しいただいた保護者の方には、
この後、図書室の掃除や、本の整理もしていただきました。
また、子どもたちの絵本の返却の受付もお願いしました。

共にありがとうございました。

絵本の読み聞かせは、11月14日と30日にもお願いしましたので、題名を紹介します。

11月14日
3組 もったいないばあさんの いただきます
4組 バムとケロの さむいあさ

11月30日
2組 しろちゃんと はりちゃん

今学期はあと2回予定されています。
子どもたちが楽しみにしていますので、よろしくお願いします。





2016.11.9

今日は2組のみんなが、お母さんに本を読んでいただきました。

2冊も読んでいただきました。
ありがとうございました。

こちらは、家から持ってきていただきました。
雪の中、手袋を巣穴にしている楽しそうな絵です。
こちらは、幼稚園の図書室にある本。
少し怖そうな怪獣たちがたくさん出てきますが、みんな楽しそうに聴いていました。

昨日11月8日にも保護者の方の読み聞かせがありました。
こちらは、本の題名だけ紹介します。

・まーや組
「いちにち おもちゃ」 作 ふくべ あきひろ
「もじゃ もじゃ」    作 せな けいこ

・1組
「おふろに いれて」 作 せな けいこ
「いい おかお」    作 松谷みよ子

・4組
「ねずみの いもほり」 作 山下明生
「ひゅーどろの おてつだい」 作 山脇 恭









2016.11.2

保護者の方の今日の読み聞かせは、2組と4組でした。
ありがとうございました。

4組


 


2組









2016.10.24

2学期2回目の保護者の方が読み聞かせがありました。
どんな本を読んでくれたのか、題名を紹介します。

日付 クラス 絵本
10/24 まーや おしくら・まんじゅう
わにわにのおふろ
おひさまぽかぽか
1組 まんじゅうじいさん
3組 いちにちパンダ
ペネロペ スポーツをする

ありがとうございました。










2016.10.19

今日(10/19)は、2組と4組で保護者の方に、読み聞かせをしていただきました。
お2人とも、幼稚園での読み聞かせは何度目かになるようです。
子どもたちの表情を受け止めて、強弱、リズムを整え、子どもたちをひきつけてくれました。

また、絵本の貸し出しも担当していただきました。
ありがとうございました。

2組:ごはんのとも
4組 ゆうれいとなきむし








2016.07.08

7月8日(金)も保護者の方が読み聞かせに来て下さいました。
どんな本を読んでくれたのか、題名を紹介します。

日付 クラス 絵本
7/8 1組 アンパンマンと ぱしぱしぱしーん
3組 おもうなのつぼ
チーズとのであい
4組 おっとどっこい しゃもじろう
まーや たまごさんがね・・・
あなのなか


2016.07.01

今年最初の読み聞かせが、6月30日から始まりました。
2日続けてになりますが、今日7月1日も5人の保護者の方がいらしてくださりました。
3組では、赤ちゃんをおんぶして、読み聞かせをしてくださいました。

赤ちゃんに興味ぶかそうに寄っていった1号さんが、
「先生、赤ちゃんが泣きそう」
「大丈夫、こっちに座ってご本を読んでもらおう。」
他のクラスのお友だちのお母さんが読み聞かせをしてくれるのは、新鮮です。
子どもたちが真剣に本に集中していました。

昨日今日と読んでいただいたご本を紹介します。

日付 クラス 絵本
6/30 1組 めっきら もっきら どおん どおん
3組 いいから いいからC
4組 しましまのティーシャツをきて
まーや ノンタン おやすみなさい
7/1 1組 くまさんのカレーライス
だいすき ぎゅっぎゅっ
2組 10ぴきのかえるの たなばたまつり
3組 こんと あき
4組 ちょっとだけ
まーや あなたはだあれ
たまごのあかちゃん 



2016.03.03

3月3日、4人のお母さんが読み聞かせに来てくださいました。
まーや組、2組、3組、4組で、素敵な絵本を読んで下さいました。

2組
『どんぶらどんぶら七福神』
『こひつじとことこ』

3組
『キャベツが たべたいのです』
4組
『ぶりっぺ すかっぺ』
4組の『ぶりっぺ すかっぺ』はおならの話でした。
草原で、動物たちが、元気におならをする場面。
子どもたちには、大うけです。
だけど、満員電車のこんな場面でおならをするのは、困りもの。

食べ物によって、出るおならも違うんだ。
野菜をたくさん食べて、健康的なおならをしよう。
おもしろかったですね。

この他、まーや組でも
『もりのひなまつり』という絵本を読んでいただきました。

今年度の保護者の方の読み聞かせは、今日で終了。
1年間、ありがとうございました。









2016.02.24

今日は5人の保護者の方が、読み聞かせに来てくださる予定でした。
残念、インフルエンザの影響などで、3組1クラスだけになってしまいました。



3組の子どもたちが読んでもらったのは、「さんまいのおふだ」というお話です。

ストーリーのしっかりした、少し長いお話で、子どもたちが最後まで聞けるか心配でした。
そんな心配をよそに、みんな本当に集中して聞いていました。

山へ出かけた小僧さんが、山のおばばに食べられそうになります。
神様に3枚のおふだをもらって逃げ出すのですが、おばばに追いつかれそうになります。
小僧さんは3枚の札を投げて、おばばを足止めしようとします。

白い札―大山になれ。
青い札―大川になれ。
赤い札―大火事になれ。

何とかお寺に逃げ戻った小僧さん。
代わりに、お坊さんがおばばと術比べをします。

「おばばよ、大入道に化けられるか?」
「ははは、簡単よ。」
おばばの体は、大きくなります。

「それなら、小さいものにも化けられるか?」
「もちろんだとも。」
「小さな豆になってみろ。」
おばばは小さな豆になります。

読み聞かせをしてくださったお母さんが、手を開くと、なんと小さな豆が出てきました。
それをポイと口に入れて、ポリポリと食べてしまいました。

子どもたちは、お話の世界と現実の世界がつながって、
「アレ、エッ・・・」
なんだか不思議な感覚。

素敵な読み聞かせを本当にありがとうございました。



2015.12.14

12月14日は、保護者の方の読み聞かせの2学期3回目が行われました。

5人の保護者の方が、素敵な絵本を用意して下さり、子どもたちに読んでくれました。
みんな興味深そうに聴いていました。

ありがとうございました。
まーや組 1組
2組 3組 4組

2学期の読み聞かせで、読んでいただいた本です。

11/16
まーや組 このいろ なあに
のせて のせて
1組 いかりのギョウザ
2組 うんこダスマン
3組 もったいない ばあさん
4組 アーリーの ぼうけん
11/30
まーや組 ねずみさんの ながいパン
おおきなかぶ
1組 もうぬげない
2組 つちのかなの もぐらでんしゃ
3組 モジャキの くすり
4組 グリドン・グリドン
12/14
まーや組 ぼくパトカーに のったんだ
1組 ちか100かいだての いえ
2組 うどんの うーやん
3組 ニャーゴ
4組 おなかのなかの なかのなか

今学期の読み聞かせは、3回で終了。
3学期は、どんな本を読んでいただけるのか、子どもたちも楽しみにしています。
ありがとうございました。










2015.7.8

27年度の保護者の方の読み聞かせが始まりました。
1学期は、残念ながら今日のみのですで、全てのクラスで読んでいただきました。

まーや組 

ちょんまげ でんしゃの のって ちょんまげ


1組

かみなりどんが やってきた


2組


クレヨンからの おねがい!


3組

3組の子どもたちは、ずいぶん本に近づいています。
興味深そうですね。

でも、少し上を向き過ぎてないかなぁ?

そうか、こんなおもしろそうな絵本だったのですね。

100かいだての いえ


4組

おへそ かえして!









2014.12.10

今日は、1組と3組に読み聞かせのお母さんが来てくださいました。



1組では、名作3部作のしかけ絵本を読んでいただきました。
「さんびきのこぶた」「おおかみと7ひきのこやぎ」「おおきなかぶ」
どれも子どもたちを引き込む、いわゆる名作です。

ページをめくると、子豚の隠れた木の家が、オオカミの一息で吹き飛ばされるところです。
オオカミの口先も変わって前のページの絵に重なり、しかけ絵本らしい楽しさがあります。

お話を3つで、少し長い時間でしたが、子どもたちの集中も続き、楽しいひと時でした。
ありがとうございました。










2014.12.3

今日もまーや組へ読み聞かせのお母さんが来てくださいました。

「くいしんぼ なめれおん」という絵本を市立図書館で借りてきて読んでくれました。

何でもなめるカメレオンのなめれおんは、体がなめたものの色に変わります。
トンボの目をなめたから青。
象さんをなめたから灰色。

あれ、今度は茶色に変わった。
何をなめたのかな?

おせんべい、チョコレート、おだんご、くり、しいたけ、ハンバーグ、ビーフシチュー、カレーライス。
全部なめちゃったんだって。

ストーリーのしっかりしたお話で、子どもたちもとてもおとなしく聞いていました。
ありがとうございました。








2014.11.19

2学期の読み聞かせと絵本の貸し出しが、先週の水曜日(11/12)より始まりました。
図書委員の方や、ボランティアで来てくださる皆様、今学期もよろしくお願いします。

まーや組では、園児のおばあさまが来てくださいました。
慈教幼稚園で、一番小さな子どもたちに、「にんじんケーキをめしあがれ」という絵本を読んで下さいました。

動物村に、ヤギの引越し屋さんのトラックが着きます。
「いったいどんな動物がひこっしてくるんだろう?」
引越しの荷物から、みんなはいろいろ想像します。

車に乗って、子どもを連れたアライグマの一家がやってきました。
動物村のみんなは大喜びで、引越しのお手伝いをします。

ところが、お面をかぶってアライグマにばけたオオカミの一家だったのです・・・・
みんなは、驚いて逃げ出します。

「この村でも仲良くしてもらえなかったね。」
オオカミの子どもたちは、寂しそうに言います。
「またどこかに引っ越しかな」

そんなオオカミの家に、村の人たちが戻ってきました。

長いストーリーのお話でしたが、動物たちが主人公だったので、子どもたちも興味を持って聞いていました。
ありがとうございました。

2組では、注射のお話でした。

注射を怖がる人もいましたが、
「おれ平気。」
「もう、2回したことがある」
そんな元気な人もいました。

本を読んでいただいた後、
「注射が怖くなくなった人?」
「はーい。」
ずいぶんたくさん手を上げてくれました。
3組では、3冊も読んでいただきました。
いっぱい読んでもらって、子どもたちはうれしそうでした。

最初に、ストーリーが楽しく、少し長い「おおきなかぶ」
そのあとに、短くて楽しいお話を2つ。

子どもたちも最後まで熱心に聞いていました。








2014.7.4

2014年度の図書委員の方の読み聞かせと、絵本の貸し出しが始まりました。



1組では、「すいかのたね」という絵本を読んでいただきました。

2組は、「うみの100かいだてのいえ」という絵本です。
縦にページを開いていく本で、珍しかったですね。

3組は「おひさまパン」です。
下のお子さんをお連れでしたが、お母さんの隣で、おとなしくしていられて、えらかったですね。

お母さんは、幼稚園での初めての読み聞かせで、
「キラキラしたたくさんの目に見つめられて、ドキドキしました。」
とおっしゃっていました。

4組で読んでいただいた絵本は、「たこやき ようちえん」でした。
みんなお母さんの広げた本のほうに集中しています。

絵本の貸し出しも始まりました。
週末にお家で読んで、月曜日に返却です。
今年度も、たくさん絵本を読みましょうね。














2013.12.16
・10ぴきの かえるの ふゆごもり
・ふたりで はんぶん

今日は、5組とまーや組で読み聞かせをしていただきました。

最初後ろのほうにいた子どもも、お母さんが本を読み始めると、引き込まれるように前に出てきました。

読んでいただいたのは、「10ぴきの かえるの ふゆごもり」という本です。
少し長いお話でしたが、楽しかったですね。

初めての冬を迎える10匹の子ガエルたち。
みんなが雪の下で眠っているというのに、「冬ごもりハウス」を作って、ゆかいに遊んでいます。
楽しそうです。

ところが、
はねっカエルがひっくりカエルになっちゃうような事件が発生して・・・
みんな無事に冬眠に入れて、よかったですね。


まーや組では、「ふたりで はんぶん」という本を読んでいただきました。

仲良し女の子2人は、なんでも半分にして分け合います。
腕や首に巻いているリボンも、長さを間違えて切ってしまったけど、上手に2人で分けました。

さて、2人の間にいる猫、「えー、僕も半分にされちゃのかな!」と、不安そう。
五味太郎さんの絵本は、やはりおもしろいなあ、と再確認させられます。



















2013.12.11
・こんやは おつきみ
・ゆかいな クレヨンぐみ

今日は2組と3組4組合同で、読み聞かせをしていただきました。
2組では、前のほうに座った男の子達が、すごく集中して聞いています。
子ども達の視線が1つに集まる読み聞かせは、大切だなと、こういう姿を見るたびに思います。

2組では、「こんやは おつきみ」という本を読んでいただきました。
山猫先生は、お医者さん。
往診に医院での診察に、大忙しです。
今夜は、楽しみにしていたお月見パーティーなのに、月の出に間に合うのでしょうか。

リスたちが近道を案内してくれます。
近道の部分が仕掛け絵本になっていて、子ども達も興味深かったようです。
パーティーに無事間に合ってよかったですね。

3組4組合同の読み聞かせでは、「ゆかいな クレヨンぐみ」というのを読んでいただきました。
人数が多かったから、大変だったでしょうか。

この本も仕掛け絵本になっていて、窓から見えるクレヨン楽しそうな表情が素敵ですね。
お二人のお母さん、ありがとうございました。

























2013.12.2
・おばけのひゅーどろ
・マシュマロのおいしいたべかた

保護者の方の読み聞かせは、3組と2組でお願いしました。

3組の子ども達はおばけの話なので、興味深そうに聞き入ってました。

おばけの幼稚園へ通う「ひゅーどろ」というおばけが主人公です。
おばけの幼稚園では、古井戸で水遊びをしたり、お墓に遠足に行ったりします。

おばけは、夜に活動して、昼は土管の中で寝ます。
ところが、ひゅーどろは、昼間に出てきて、男の子に見つかってしまいます。
男の子を怖がらせようとするのですが、太陽の下では、どうも怖がってもらえません。

とうとうひゅーどろは、具合が悪くなってしまいます。
暗くて冷たいところで休みたいと言います。

男の子は、ひゅーどろを家の中にある暗くて冷たいところ、
そう、冷蔵庫の中で休ませます。

おばけの出てくるお話に、子ども達には興味深々でした。
怖いお話ではなくて、ほっとしましたね。
おばけの幼稚園に行ってみたいと思った人もいたでしょうか。

1組では、「マシュマロの おいしい たべかた」という本を読んでいただきました。

お二人のお母さんには、このあと絵本の返却作業と図書室の整理をしていただきました。
ありがとうございました。





























2013.11.27
・ぞうのびっくりパンやさん

今日は、まーや組での読み聞かせです。
1号さんのお母さんが、まーや組にいらしてくれました。
ふらふら出歩く人もなく、みんなしっかり聞けました。

市立図書館で、「ぞうのびっくりパンやさん」という本を借りてきてくださいました。
「お家で、お子さんに読んであげたのですか。」
「ええ。練習がてらに読んであげました。練習って?と、怪訝な顔をしてましたけど・・・」

森のパンやさんのゾウさんが、緑色の丸い奇妙なものをもって現われます。
火をつけると、それは空高く舞い上がっていきます。
みんなは花火を上げたのだと空を見上げます。

空高くで、はねます。
すると、パンがたくさん降ってきました。
広場のあちこちにパンが落ちてきます。

まーや組の子どもたちは、パンがいっぱいの広場を想像して、ワクワクしたようです。
本のほうに身体を寄せたり、「食べたい!」と歓声を上げたり。

とても楽しいお話をありがとうございました。
この後、絵本の貸し出しをしていただきました。



























2013.11.18
・おばけのてんぷら
・いろいろ おふろはいり隊

保護者の方の読み聞かせは、3組と5組の子ども達のところに来ていただきました。

本を読んでいただいた後、子ども達が「ありがとうございます。」のご挨拶をします。

「みんなが静かに聞いてくれて、こちらこそありがとうございました。」
子どもたちが、思っていた以上に集中して聞いていたので、読んでくださったお母さんも驚いたようです。
おばけやてんぷらが出てくる絵本は、ちょっと不思議で、ちょっと美味しそうで、絵本に引き込まれたようです。

うさ子ちゃんが草摘みに出かけると、子猫がおいしそうなお弁当を食べています。
おかずは天ぷら。
うさ子ちゃんもひとつもらいます。
それがあまりに美味しくて、自分でも天ぷらを作ることにしました。

うさ子ちゃんが揚げた天ぷらを、おばけがこっそり食べてしまいます。
「天ぷらって、揚げても揚げても、すぐに減っちゃうわね。」
のんきなうさ子ちゃんの天ぷら作りは、眼鏡まで、揚げてしまって、楽しかったですね。

5組では、前回1組で読んでいただいた「いろいろおふろはいり隊」を読んでいただきました。

ありがとうございました。





























2013.11.13
・バムとケロのおかいもの
・いろいろ おふろはいり隊

今日のお母さんの読み聞かせは、1組と2組でした。

2組では、「バムとケロのおかいもの」を読んでいただきました。

今日は、ケロの楽しみにしているお買い物の日です。
お友達と一緒に車に乗って、市場に出かけます。

市場では、いろいろな店を訪ねます。
生地屋さん
八百屋さん
ハムスターのやっている店
お腹がすいたので、レストラン
ゆかいな扉のいっぱいある店
こっとうやさん
いったい何を買ったのかな。



1組では、「いろいろ おふろはいり隊」です。
にんじん、玉ねぎ、ジャガイモが、お鍋のお風呂に入ります。

カレー、ビーフシチュー、クリームシチュー、味噌汁にコンソメスープ、
電子レンジの中のグラタンー日光浴のようで気持ちがいい。
シュウマイの蒸し器ーサウナのよう。
最後はコロモをまとって、今までで一番熱い天ぷらなべ。

2冊ともお家から持ってきてくださった本です。
ありがとうございました。






























2013.11.11
・はじめてのおつかい

今日は、3組と4組合同の読み聞かせです。
保護者の方が、市立図書館で大型絵本を借りてきてくださいました。

子どもたちは大人数ですが、大型絵本なので後ろからもよく見えます。

5歳のミイちゃんが、ママに頼まれて、初めてのお使いに出かけます。
200円持って、牛乳を買いに行きます。

途中で、友達に会ったり、壁にくっついて自転車をやり過ごしたり、大冒険です。
転んで、100円玉2つを道に落としてしまったときなど、子どもたちはみんな心配そうでした。
お店に着いても、牛乳を買うのがなかなか大変でした。

「自分もおつかいに行ってみたい・・・」
そんなことを思った人もいたでしょうか。
どうもありがとうございました。























2013.11.6
・ともだちや
・じゃんけんぽん
・ごりらのぱんやさん

今日の保護者の方の読み聞かせは、5組と2組にいらしていただきました。

5組では、大型絵本を2冊読んでいただきました。
お母さんが、市立図書館から借りてきてくださったものです。

1時間100円のきつねの「ともだちや」です。
ノボリを背負い、森の中を歩いてお客さんを探します。
熊や狼が呼び止めます。

大型絵本ですから、絵に迫力があります。
大きな熊の描かれているページでは、子ども達は思わず歓声を上げました。

「森一番のさびしがり屋の狐にも、どうやら友達ができたようだの。」
ラストのフクロウのおじさんの言葉が印象に残るお話でした。


もう一冊は、「じゃんけんぽん」です。
せな けいこさんの絵は、黒が素敵だと、あらためて気づかせてくれる表紙です。

雲がお日さまに勝って
雪だるまが子どもに勝って
ウサギが雪だるまに勝って
月がウサギに勝って
お日さまが月に勝って
子どもたちは、こういった繰り返しのパターンが大好きです。

今日は、2冊も読んでいただいて、ありがとうございました。



2組には、小さいお子さんを連れたお母さんが、読み聞かせに来てくださいました。


「ゴリラのパンやさん」は、お家にあった本を持ってきてくださいました。
やさしいゴリラのパンやさんのお話です。

売れ残ったパンを前に、ゴリラのパンやさんが困っています。
森のみんなは、大きなゴリラのお店は、怖くて敬遠しているようです。
本当はとってもやさしいパンやさんなのに・・・

読み聞かせの後、2人のお母さんには、本の貸し出し作業をしていただきました。
ありがとうございました。

























2013.11.1
・おともだちカレー
・ぶりっぺとすかっぺ
・かっぱのいちにち

保護者の方の今日の読み聞かせは、1組とまーや組です。

1組では、「おともだちカレー」と「ぶりっぺとすかっぺ」という2冊の本を読んでいただきました。
ともに、お家から用意してくださった本です。

りす、たぬき、きつね、さるの4人は、ウサギちゃんをかくれんぼに誘います。

「すぐ見つかっちゃうから、私やりたくない。」
ウサギちゃんは、引っ込み思案で、なかなか一歩が踏み出せません。
「だったら、鬼になったらいいよ。」

ウサギちゃんが作るカレーで、無事4人とも見つけられました。
その上、みんなで美味しいカレーを食べて、
「今度はわたしもかくれてみようかな。」
ウサギちゃんも積極的になってきました。

本のこのページをこすると、カレーの香がします。
みんな、顔を近づけて、美味しそうなにおいをかぎました。

この他もう1冊、「ぶりっぺとすかっぺ」という本も読んでいただきました。

こちらは、おならの本で、子どもたちは大喜びでした。
肉食動物のおならは「ぶりっぺ」、草食動物は「すかっぺ」だそうです。
なるほど、と思った人もいましたね。


まーや組では、「かっぱのいちにち」というのを読んでいただきました。

簡潔な文章で、まーや組のみんなにわかりやすい本でした。




















2013.10.30
・きょだいなきょだいな
・ラーメンちゃん

今日は、5組と2組で読み聞かせをしていただきました。

5組では「きょだいな きょだいな」という絵本を読んでいただきました。

♪あったとさ、あったとさ・・・♪
節をつけて、語りかける読み方がとってもぴったりの絵本でした。

野原に現れたきょだいなものは、
ピアノ
石鹸
電話
トイレットペーパー
ビン
もも
泡だて器
扇風機


どれも存在感のある絵で、子ども達もひきこまれます。
トイレットペーパーでお尻を拭く場面では、思わず笑いがこぼれました。
100人の桃太郎には、歓声もあがりました。

この本は、お家にあったのを持参してくださいました。
小学6年生の上のお子さんが幼稚園に通っていたときに、買ったものだそうです。
「我が家の子ども達に人気のある本なので、読み聞かせに持ってきました。」
「大人がよいと思う本と、子どもが喜ぶ本は、違うんですね。」
そんな感想をいただきました。
ありがとうございました。


2組では、「ラーメンちゃん」という絵本を読んでいただきました。

作者の長谷川義史さんは、この夏「全国幼児教育研究大会」で講演されました。
慈教幼稚園からも何人かの先生がこの研究大会に参加していましたので、
「あのときの講師の先生だ。」
と、放課後の職員室で話題になりました。




























2013.10.17
・ゆうちゃんのみきさーしゃ
・ぼくなにをたべてたかわかる?

保護者のお母さんが、3組のお友達のところへ、絵本の読み聞かせに来てくださいました。
みんな集中して、お母さんの手元にある本を見ています。
読み聞かせの後に、お母さんに感想をうかがったら、
「子ども達に見つめられて、緊張しました。」とのこと。
子どもたちは、本当に真剣に読んでくれる方のほうを見つめます。

さて、どんなお話かな?

・・・ぼくは大きなミキサー車
   何でもかんでも投げ込んで
   ぐるぐる回せばお菓子になる・・・
蜂さんから、蜂蜜
ニワトリから、卵
牛さんからは、牛乳
サル君からは、果物
熊さんから、雪
いろいろもらって、ぐるぐる回して、どんなお菓子ができるかな。

公園にこんなにたくさん子どもたちが集まって、ミキサー車から美味しいアイスクリームを分けてもらいました。

今日は、まーや組でも読み聞かせをしていただきました。
こちらは本の表紙だけですが、紹介します。
お2人のお母さん、ありがとうございました。


























2012.12.6
へびのせんせいと さるのかんぼふさん

今週、2度目の保護者の方の読み聞かせになります。
今日は1組、4組、5組で、絵本を読んでいただきました。
5組の様子をご紹介します。

どんな本を読んでもらえるのか、子どもたちはワクワク楽しみです。
「なんか黄色い本みたいだぞ。」
目ざとく本に目をやった人もいたでしょう。
みんなで、「よろしくお願いします。」のご挨拶をして、お話が始まりました。

「さるのせんせいと へびのかんごふさん」というお話です。
保護者のお母さんが、家にある本の中から選んで持ってきてくださいました。


サルのお医者さんのところには、森のいろいろな動物がやってきます。
風邪をひいたきつね、双子のくまの健康診断、お腹の痛いぶた、鼻づまりのぞう・・・
そのたびに、へびの看護婦さんは注射器になったり、身長計になったりと大活躍です。

ゾウの鼻詰まりを治す場面では、子どもたちから、

「へびさん、すごい!」
「なんでもできる。」
と、歓声があがっていました。
とても楽しかったようです。
ありがとうございました。






















2012.12.3
ミニカーミュート だいかつやく!
まいごになった ぞう

久しぶりに、保護者の方の読み聞かせです。
今学期は図書整理の作業があり、図書委員の保護者の方には、大変ご苦労いただいております。
ありがとうございます。

さて、3組では、「ミニカーミュート だいかつやく!」という、少し長い本を読んでいただきました。

動物園のウサギたちは、地面に穴を掘って住んでいます。
飼育員さんが間違えて、その上に小屋を置いてしまいました。
子ウサギたちは穴から出られません。
ミニカーのミュートは、小さい身体で、小屋に体当たり、子ウサギたちを助けます。

子どもたちは、ミュートがガッシャーンと小屋にぶつかっていくシーンに引き込まれていました。

まーや組では、「まいごになった ぞう」を読んでいただきました。
絵もわかりやすく、文字も大きく、まーや組のみんなも熱心に聞き入っていたようです。

この他、2組と4組でも保護者のお母さんが、読み聞かせをしてくださいました。
ありがとうございました。

















2012.7.11
・きんぎょがにげた
・にじをつくったのだあれ
・にじいろのしまうま

今年度の保護者の方の読み聞かせが始まりました。
今日は3回目、まーや組、3組、5組で読んでいただきました。

まーや組では、大型絵本で「きんぎょがにげた」を読んでいただきました。
保護者のお母さんが、市立図書館から借りてきてくださいました。

3組は、「にじをつくったのだあれ?」を読んでいただきました。

5組には、保護者のお父さんが来て、「にじいろのしまうま」を読んでくださいました。

5組のお友達です。
今日はお父さんが読んでくださったので、なんだか新鮮で、いつも以上に集中して聞き入っているようです。

ウサギさんが、虹をつくったのは誰なのか、聞いて回ります。
1つ教わるごとに、一色ずつ加わって、最後はきれいな虹になるというお話です。

雨の季節なので、虹のお話を選びました。
絵本の中では、リボンで虹を表していて、それが1本ずつ増えていく楽しさがある絵本です。
読み聞かせのあと、読んでいただいたお母さんから、そんな感想を伺いました。

















2012.1.18
・つみきのいえ
・やさいのおなか
・6つの色
・おたんじょうびって なあに

今日の読み聞かせは、3組とまーや組です。
みんな仲良く聞けたかな。

3組の様子
長いお話でしたが、みんな静かに集中して聞けました。
読んでくださったお母さんが、みんながあまりにいい子だったので、驚いていました。

まーや組の様子
楽しくて、立ち上がって大きな声で答えてくれる人もいましたね。
みんながとても熱心に聞いてくれて、もっともっととお願いしたから、3冊も読んでいただきましたね。

読み聞かせに来ていただいたお2人のお母さん、ありがとうございました。


3組
「つみきのいえ」

この作品は、アカデミー賞短編アニメ部門で賞をいただいた作品だそうです。
海の水が増えて、年とともに、水の中に沈んでいく町のお話でした。

家が沈むごとに、その上に新しい家を重ねて建てていく。
一番上の今の家には、おじいさんが一人ですんでいます。
おじいさんがのこぎりを下に落としてしまい、それを拾いに水の中にもぐっていきます。

子どもたちと楽しくにぎやかに過ごした家。
今は亡くなってしまったおばあちゃんと結婚して、初めて建てた家。
下にもぐればもぐるほど、昔の思い出がよみがえってきます・・・






まーや組
「やさいのおなか」

ネギ、レンコン、ピーマン、タケノコ、サツマイモ、キャベツ、
タマネギ、トマト、キュウリ、ニンジン、カボチャ。
知っている野菜がたくさん出てきましたね。

レンコンとカボチャはみんな分かりましたね。
タケノコを「お山」と答えてしまった人もいましたね。
一番難しかったのは、ニンジンだったそうですね。


「6つの色」

へびさんが2つの色を食べて、新しい色を1つ産むお話でした。

黄色と赤を食べると何色ができるんでしったっけ?
そう、オレンジでした。
この他にも、
青と黄色、赤と青からも新しい色ができましたね。

黒色を食べて、病気になってしまったへびさんは・・・


「おたんじょうびって なあに」

みんなのアンコールにこたえて、読んでもらったのがこれでしたね。

熊のマイクの誕生日は明日です。
ところが、誕生日が消えてしまうのでしたね。

マイクは誕生日を探しに森へ行くのでしたね。
おまわりさんに聞いたり・・・

床暖の上に坐っていると、ポカポカと体が温まります。
目や耳から絵本のお話が入ってくると、同じように気持ちも暖かくなります。
楽しいひと時を過ごせました。
ありがとうございました。














2011.12.7
・サンタクロースもパンツがだいすき
・まどからおくりもの
・てんしさまがおりてくる

今日は1組と4組に、お母さんが読み聞かせに来てくださいました。
12月ということで、クリスマスに関連した絵本を選んで下さったようです。

4組の子どもたちは、「サンタクロースもパンツがだいすき」を読んでいただきました。
絵がとても素敵な本です。

宇宙人とサンタさんが世界中の子どもたちにパンツを配ります。
クリスマスのプレゼントが、パンツだけなんて、ちょっと不思議なお話です。

サンタさんの乗り物も、ソリではなくて宇宙船なのです。
宇宙船から降りてくるロープもパンツをつなぎ合わせたもの。

子どもたちは、パンツに反応して、珍しそうに聞いていました。



1組では、「まどからおくりもの」と「てんしさまがおりてくる」を読んでいただきました。

サンタさんが、プレゼントを持って家を回ります。
窓から見えるお家の中の様子から、その家にすんでいる動物にあわせてプレゼントを配るのです。
最初はうまくいくいったのですが・・・

家の窓には白と黒の縞模様、サンタさんはシマウマのお家と思ったみたい。
でも中に住んでいたのは・・・

体の一部がまったく違う動物に見える意外さが、楽しい絵本でした。
子どもたちの「え〜!」という声が何度も聞こえたそうです。


てんしさまが降りてきて、ふくろうをきよめる。
きよめられたふくろうは、きつねをきよめる・・・
くま、おじいさん、こどもと「きよめる」輪がつながっていきます。

「きよめる」は、子どもたちにとってあまりなじみのある言葉ではありません。
それが、この絵本では大切なキーワードとして繰り返され、自然と頭の中に入っていったようです。

2つの絵本とも、同じパターンを重ねるものなので、子どもたちは安心して次の予想を考えます。
ゆっくりページをめくったり、「何だろうね?」という問いかけをしたりと、工夫して読んでくださいました。





2011.10.27
・ぐりとぐらとすみれちゃん
・ペネロペ
 (ひとりでふくをきる)

10月27日、2人のお母さんが、読み聞かせをしてくださいました。
ありがとうございました。

『ぐりとぐらとすみれちゃん』

ぐりとぐらが自分たちの畑で採れた野菜を料理して食べています。
そこへすみれちゃんがやってきます。
お土産に大きくて固いかぼちゃを持ってきてくれました。
2人は包丁やノコギリできろうとしますが歯が立ちません。
どうしようかと思案していると・・・

何とかかぼちゃ料理にたどり着けたようです。
かぼちゃを使っていろいろな料理を作り、みんなで美味しくいただきました。

読み聞かせをしてくださったお母さんにお話を伺いました。
料理の並んでいるページで子どもたちがとても喜びました。
ハロウィンにあわせてかぼちゃを扱った絵本を選んで持ってきました。
ありがとうございました。


『ペネロペ−−ひとりでふくをきる−−』

ペネロペはある朝、一人で服を着て幼稚園に行くことにしました。
パンツやシャツを着るのに苦労しますが、何とか一人でやり遂げます。

子どもたちは着替えの順が分かっていて、「コートじゃないよ」なんて声が聞こえました。
こちらも緊張が解けて・・・子どもたちの反応が楽しかったです。
ありがとうございました。







































図書整理

10月中旬から、図書委員の方にご苦労いただいて、図書の整理を行っております。
図書館のように、バーコードリーダーを使って、図書の管理を行うため、ラベル貼りや、カバー付けの作業をしていただいています。

バーコードのラベルを絵本に貼り付ける作業です。
絵本の題名から、ラベルを1枚1枚探すのが、根気のいる作業で、大変ご苦労いただきました。

絵本に透明カバーをつける作業です。
こちらも手間のかかる作業です。
毎日5、6名の委員の方が園に来て、根気よく作業を続けて下さっています。
本当にありがとうございます。













図書室の整理が終わりました(1/17)

2学期の運動会以降続けてきました図書室の整理が終わりました。
のべ人数にすれば、100人以上の図書委員の方が、根気よく作業にあたって下さいました。
ありがとうございました。
おかげさまで、来週から、いよいよ図書の貸し出しが始まります。
子どもたちは、大きな声で自分の名前を言って、図書委員のお母さんに、本を渡してください。
バーコードで読み込んで、みんなの名前と本の書名が貸し出しのところに登録されます。
作業では、図書室の1500冊以上の本に、このラベルを貼っていただきました。
ラベルは、44片が1枚に印刷されているのですが、その中から書名の印刷されているラベルを探すのに手間がかかりました。
ラベルの上には保護テープを貼りました。
傷んでいる本は、補修もしていただきました。
古い本もたくさんあり、どうに直そうかと、頭を悩ませる場面もたくさんありました。
最も手間のかかった作業は、透明カバー付けでした。
最初はたいへん時間のかかる作業で、心配しましたが、皆さん作業になれてくると、分業制で手際よく、
「え、1日でこんなに進んだの」
と、作業後の図書室をのぞくたびに驚かされました。
透明カバーを付けた本の手触りは素敵です。
宝物というか、大切なものを手に持ったと感じます。

本が好きな子どもが、たくさん増えますように。






























図書の貸し出しが始まりました(1/24)

整理の終わった図書室での貸し出しが始まりました。
子どもたちは、久しぶりの図書室です。
2階に上がるのが夏のプール以来の人もいるかもしれません。
まーや組の秋からの入園のお友達など、初めてかな。

今日は、2人のお母さんが小さいお子さんを連れて貸し出しに来てくださいました。
「よろしくお願いします。」
ご挨拶をして、さあ本を探しましょう。

本が選べた人は、貸し出しの受付です。
自分の名前をはっきり言って、本を差し出します。

クラス全員が借り終わって、ご挨拶です。
「ありがとうございました。」



帰りのバスの中で、借りた本が気になった人もいたようです。
先生が
「お楽しみは家に帰ってからね。」
家まで、我慢しましたね。

返却は来週火曜日です。





























2013年度の図書貸し出しが始まりました(10/17)

今年度の図書の貸し出しが始まりました。
今年度から、園児一人一人の図書カードを利用して、絵本の貸し出しを行います。

手作りのカードボックスもでき、子ども達も初めての体験にちょっとドキドキです。

図書貸し出しのお手伝いのお母さんに、選んだ絵本と図書カードを一緒に渡します。
「お願いします」ときちんと言えました。
ピーッ、ピーッとバーコードを読み込んでもらい、貸し出し作業は終わりです。

「すごい、レジみたい」
そんな声も聞こえました。